近年ロンドンバスを想起させる真っ赤な周遊バス「IKEBUS」が
東側をメインに走り出したり、
ミュージカルや伝統芸能などが楽しめる
8つの劇場を備えた「ハレザ池袋」が新しくオープンするなど、
文化的な要素も少しずつ増えてきています。

ショッピングやグルメを満喫するほか、
色んな面でますます目が離せない楽しみ満載の街なんですね。

木々が少なく、遊具も全くない代わりに、
綺麗に石張り舗装された地面に、
腰が掛けられるユニークなデザインの石のオブジェや
アニメカフェがある「
中池袋公園は、
公園というより、
トレンドを発信するお洒落な広場と言ったほうが
当てはまるかもしれません。

12月にクリスマスを盛り上げるオブジェが飾られるなど、
様々なイベントが行われ賑わっています。
買い物や周辺のスポット巡りで一息つくのに最適なスポットでもあります(^^♪

ところで、隣にある郵便局の前に、
豊島区イメージキャラクターのフクロウ
としま ななまる」をモチーフにした黄色いポストもあって、
とてもかわいいです。
ぜひ一緒に写真を撮ってみてくださいね。

中池袋公園も含めた「ハレザ池袋エリアには、
TOHOシネマズが入っている
池袋最大級の高層ビル「ハレザタワー」や、
豊島区立芸術文化劇場など8つの劇場があります。

それらをつなぐ空間には、
12名の芸術家のアート作品が所々に設置されていて、
まるで野外美術館のようで楽しいです。

真っ赤で目を引く可愛いデザインの
まちなか交流バス・IKEBUS(イケバス)」はここからも乗車できるので、
乗り放題の一日券で池袋の街の景色や魅力的なスポットを
満喫してみてはいかがでしょうか?

稀な黄色いバスに出会ったら、
一日ハッピーな気分でいられるそうで、
それを狙ってもよさそうですね(^^♪

IKEBUS(イケバス)
¥1乗車:大人200円/
     子ども・高齢者・障がい者100円
 1日券:大人500円/
     子ども・高齢者・障がい者250円
 

🌸ちょっとしたグルメ

通り過ぎるとその絶えない長い行列に
目が行ってしまう人気ラーメン屋「
カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」。

ほろほろとろけた角煮としょっぱすぎるが
辛さと絶妙にマッチしている深みのある味は、
一度食べたらクセになるそうです。

辛さとシビが選べるので、
辛い物が好きだけど得意じゃない人でも気軽に食べられますよ。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 
🏠〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目13−14/東口から徒歩4分
☎03-5396-4202
🌐http://kikanbo.co.jp/
🕑11:00–22:00 ㊡不定休