駒込というと、
一番最初に思い浮かぶのは、
やはりあの日本をも代表する名園「六義園」ですよね。

和の美しさが凝縮された六義園は、
赤レンガの壁に沿った緑いっぱいの広い道は雰囲気がよく、
通りかかるだけで気持ちがリフレッシュされます。

🌸合わせて読む:

 


それと隣接する「六義公園」は
幼児向けと小学生向けの遊具が充実しており、
自然にあふれる園内で楽しく遊ぶ子供だちの姿がほっこりします。

また、
貴重な所蔵品だけでなく、
それらを収める巨大な本棚まで見所の
東洋文庫ミュージアム」(駅から徒歩9分)も間近にあるので、
休日一日はこの辺りでのんびり過ごせそうですね。

☎03-3942-0280
🕑10:00~17:00 ㊡火曜
¥一般:900円/65歳以上:780円/
 大学・大学院・専門学校生:680円/中高生:580円/
小学生:280円/未就学児:無料
 障がい者(+付添1名):340円/人

散策したあと、
リーズナブルな値段でワインと料理が美味しく楽しめる
ビストロオララ」にふらりと寄れるのも、
嬉しいポイントですね(^^♪

ビストロ オララ(洋) 
🏠〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目15−16 六義園第六コーポ
☎03-3945-3665
🕑火~土11:45~13:30 18:00~21:30/
日11:45~13:30 18:00~21:00 ㊡月曜

駒込のもう一つ目のキーワードは、「花」です。

駅のホームに流れる発車メロディーは「さくらさくら」、
北口の外に桜色になった
唯一無二な「さくらポスト」と可愛らしい交番が立っているのは、
今では桜の代名詞になった「ソメイヨシノ」が駒込で発祥したからです。

江戸時代にこの辺りは園芸が盛んだ「染井」という町で、
植木屋が多くあり、
そこで人工的な品種改良によって開発したのが「ソメイヨシノ」でした。

それを記念に、
駅前に「染井吉野桜記念公園」が造られ、
ソメイヨシノとその両親である
エドヒガンザクラとオオシマザクラが植えられ、
春になると心躍る華やかな景色が見られます。

公園と隣接した「豊島区立駒込図書館」の玄関ホールに、
ソメイヨシノの説明板や近隣の桜マップがありますが、
花見巡りの際にチェックしておくと楽しさが倍増しますよ。

▲駒込の散策マップもある。

図書館に行くがてら、
隣の「豊島区立駒込公園」に寄って、
緑あふれる環境で借りた本を読んだり、
子どもに遊具を遊ばせたりくつろいだりするのも、
気分転換にいいのでオススメ。

桜のほかに、
駅のホーム脇の土手の斜面に植えられたツツジがとても美しいことで、
駒込駅が「関東の駅百選」に入選されたらしいです。
まさに自然の美しさを味わうのにも最適な街なんですね(^O^)/

美味しいお店が点在するのも、駒込の魅力ポイント。

立ち食い風の蕎麦屋「一◯そば」は外観から見て、
女性が若干入りづらそうですが、
日暮里の人気店「一由そば」の暖簾分け店だけあって、
しっかり食べ応えのある
種類豊富な天ぷらや味が優しい蕎麦、おにぎりなどを早朝から提供しており、
グルメ好きから高い支持を得ている隠れ家的な名店です。

しかも、
特に天ぷらは通常より豪快な大きさで、
そばもネギが入れ放題になっているのに、
お財布に優しい値段設定で驚きます。

平日や土日祝日限定のメニューや、
平日18~21時にとり天・ゲソ天・ジャンボゲソ天の揚げたてサービスもあり、
何回も足を運びたくなるお店なんですね。

密が気になれば、
太蕎麦や天ぷらの単品は持ち帰りもできるので、
買って自宅で楽しむのもいいですよ~♪

🏠〒170-0003 東京都豊島区駒込3丁目3−14
☎03-5980-7888
🌎http://www.ichimarusoba.com/
🕑5:30–22:30 ※緊急事態宣言期間中は20:00まで ㊡無休

また、駅の近くに、
さつき通り商店街や「しもふり商店街などいくつか商店街があって、
昭和レトロを感じるパン屋からお洒落な花屋まで揃っていて、
ぶらぶら回るだけで楽しいです。

広々として歩きやすい駅前の本郷通りも、
個性的な雑貨屋や穴場的な飲食店が散りばめられており、
自分の好きな店を開拓していくのも
日々の楽しみになるかもしれません(^^♪

ちょっと離れた場所にあるが、
アニメ『冴えない彼女の育て方』の登場人物の
澤村・スペンサー・英梨々の家の外観モデルでもある
旧古河庭園」やその中にある大谷美術館は、
四季折々の植物が綺麗でおススメですよ。

🏠〒114-0024 東京都北区西ケ原1丁目27−39/駅から徒歩6分
☎03-3910-0394
🕑9:00~17:00 ㊡年末年始/2月15日12:00~17:00
¥一般:150円/65歳以上:70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

 

🍃合わせて読む:

※記事掲載時の情報です。
最新の情報をご確認の上、お訪ね下さい。

 

駒込の周辺にある物件をチェックしよう!